通いやすさを重視した決断

看護師として働いてきた女性が結婚を契機にして辞めるということはよくあることです。その理由の一つとして、職場への通いやすさに問題が生じるからということが挙げられます。夫の勤務地を考えると、通勤が困難になってしまうため仕事は続けられないと考えることは、最もなこととも言えるでしょう。

看護師として常勤勤務をしていると早朝から夜遅くまでの勤務が発生する場合もあり、職場の近くに住んでいなければ身体がもたないということがよくあるからです。そのような状況であっても、職場を離れるかどうか決断する前に考えてみた方が良いのが、夫婦それぞれの通勤を考慮した上で、自分の通いやすさを優先できる状況かどうかということです。

将来的には夫が一家の大黒柱として家計を支えることになるため、その勤務地に近いところに住もうと考えるのは良い考え方でしょう。しかし、その勤務時間が多少の時間が通勤にかかるとしても問題ない時間だったり、体力が十分にあって通勤が困難ではない場合などがあります。

もし自分の勤務場所の近くに住居を構えても通ってもらえるというのなら、結婚生活は自分の職場の近くにするという決断もできるのです。そうすることで共働きでしっかりと稼ぐことができ、将来的に裕福な家庭生活を送れるでしょう。

辞める決断をしてしまうと再就職することができずに専業主婦で過ごしてしまういことも少なくはないです。看護師として働けるようになったことを無駄にしてしまわないためにも、当面は自分の勤務場所の近くに住めないかということを考えてみることも大切です。

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

アーカイブ